前へ
次へ

お葬式をあげない直葬を希望する

葬儀場でお葬式をせず、火葬炉でお別れを済ませる直葬は、人付き合いの少ない都市部では、30%ほどが望んでいるとも言われています。
少しでも遺族に負担のない直葬を希望するようですが、自分の交流範囲の広さを考えてみれば、悲しむ人がいるはずで、小人数でのお見送りを望むのは自分だけかもしれません。
直葬では、終わってからが大変だとも聞きます。
人伝てに訃報を聞き、駆けつける弔問客の応対があります。
香典を辞退しても用意してくる、むげにできないから、予定になかった香典返しを手配することにもなります。
行き届かない点が多く目に付くようになり、あくまで故人の希望であっても責められるケースもあります。
遺言であっても、こじんまりでも、お葬式はすべき意見が多く、トレンドは家族葬なのです。
また、すでに直葬で事を終わらせているならば、お別れ会というように追善供養という考え方もあります。
直葬では、僧侶続経でのお別れ、火葬中、あるいはその後に食事会をオプションとして付けるスタイルまであります。

誰もが知っているスクワットを効率的に行えますか?
ラクシアなら最も効率的なスクワットを教えます

送別会・結婚式二次会・宴会の貸切会場なら渋谷Green Lounge
目的に合わせた複数のパーティプランを用意しているので、自身の希望に合う内容のパーティを簡単に開催できます。

高いお金がかからないスマホ修理
安く修理が出来るアイアップでスマホを直そう

Page Top