前へ
次へ

お葬式をあげない直葬を希望する

葬儀場でお葬式をせず、火葬炉でお別れを済ませる直葬は、人付き合いの少ない都市部では、30%ほどが望んでいるとも言われています。
少しでも遺族に負担のない直葬を希望するようですが、自分の交流範囲の広さを考えてみれば、悲しむ人がいるはずで、小人数でのお見送りを望むのは自分だけかもしれません。
直葬では、終わってからが大変だとも聞きます。
人伝てに訃報を聞き、駆けつける弔問客の応対があります。
香典を辞退しても用意してくる、むげにできないから、予定になかった香典返しを手配することにもなります。
行き届かない点が多く目に付くようになり、あくまで故人の希望であっても責められるケースもあります。
遺言であっても、こじんまりでも、お葬式はすべき意見が多く、トレンドは家族葬なのです。
また、すでに直葬で事を終わらせているならば、お別れ会というように追善供養という考え方もあります。
直葬では、僧侶続経でのお別れ、火葬中、あるいはその後に食事会をオプションとして付けるスタイルまであります。

板金塗装×車検を糸島市の皆さんにお安くご提供
合わせてのご依頼で、お得にお車の点検を行いませんか?

詳しくは公式サイトへ
エコループは関西エリアに対応した不用品回収専門業者。スタッフ対応が丁寧なのが評判ですが、なんといっても人気なのが回収費用のお得さ!詳しい料金はこちらからご確認ください。

バイクのガラスコーティングは東京MOTO-ESTHEへお任せください

事故前の生活を取り戻すお手伝い
事故で失った様々なものをできる限り取り戻します

Page Top